触覚コピーマシン 安藤隆一郎先生

 
 
 
 
 
PREV ITEM NEXT ITEM
触覚コピーマシン 安藤隆一郎先生
講師:安藤隆一郎 / 身体0ベース運用法 http://www.shintai-0-base.com/


カメラやプリンターなどを使えば見たものを簡単にコピー(写す)できてしまいます。
最近では3Dプリンターも出てきたから、人が頑張って観察しなくてもよくなってきました。
でも、コピーするものがなかったら良く見たり、触ったり、匂いだり。
私たちが持ってる感覚のセンサーをフル稼働してもっと観察するでしょう。

「手」は触覚センサーであふれています。触ったり掴んだりすると物の形や質感などが良く分かります。
実はこのセンサーはお口の中にある「舌」や「足」にもあって「手」と同じように物を観察することができます。
今回の「触覚コピーマシーン」ではこの両方の触覚を使って観察し、絵を描いたり粘土を使ってコピーします。

・材料:色鉛筆、画用紙、紙粘土、梅干し(梅干しがダメな人はべつのもの)
生徒持ち物:色鉛筆

過去に&loで開催されたワークショップのアーカイブです。
料金は開催場所により異なります。

  • 送料について
    送料無料 北海道・沖縄・離島を除く国内全国
    • その他地域一律
      ¥0
  • 納期について
    • 在庫品
      ご注文後4日を目安に発送いたします
    • 受注生産品
      ご注文後30日を目安に発送いたします
    受注製品については商品ごとに変わります。お問い合わせください。